TKGS : 特殊高所技術協会
TKGS : 特殊高所技術協会
社会インフラの維持管理をとりまく現状

日本社会においては高度成長期を経て、成熟社会へと移りつつあり、既存社会インフラの老朽化に伴う維持管理ニーズが高まっています。具体的には、ライフサイクルコストの縮減を目的とした計画的な点検と調査、補修・補強を社会インフラに対して適切に実施することが要求されています。

しかし、実際には老朽化状態をまず確認するための点検さえ満足に実施されていない構造物が多々存在します。これらの社会インフラに対して点検が適切に行われない理由は、

  • (1)供用しながらの点検が困難
  • (2)既存技術では対応できない
  • (3)費用が高額で予算が確保できないといった理由によるものが多い

一方で、高度成長期に整備され建設から50年以上を経た社会インフラが大量に存在します。現状において、これらの構造物に対して迅速に点検から補修・補強を実施することは喫緊の 課題となっています。

特殊高所技術の可能性と実用性

特殊高所技術は新しい高所作業の技術です。

  • 従来技術では不可能だった構造物の各部に到達できる
  • 作業員の動作の制約が少ない
  • 施設を併用しながら作業ができる
  • 従来技術より低コスト
  • 従来技術より短期間

当技術は2007年に初めて高速道路の橋梁点検技術として用いられて以来、現在までにさまざまなフィールドにおいて、点検・調査・補修を行う技術として発展してきました。

また、2009年には国土交通省の新技術情報提供システム(NETIS)に登録され、適用範囲と分野は一層の広がりを見せております。

現在では橋梁、水力発電関連施設、風力発電関連施設、岩壁・急傾斜地、化学プラント、多目的ドーム等における点検・調査・非破壊試験 ・計測・修理・補修・補強等、多岐に渡って活用されています。

協会設立の趣旨

協会は以下の目的をもって設立した社会に資するものです。

  • 高所作業による労働災害の予防と減少
  • 産業の各分野における特殊高所技術を利用した生産性・経済性の向上
  • 社会インフラの長寿命化への貢献
  • 特殊高所技術の新たな適用範囲・分野の創出

従来、高所作業は危険な作業の代名詞として認識されていました。しかし、特殊高所技術は新しい器材、新しい運用方法と管理法、確実な技術指導と安全教育により安全な高所作業を実現しています。一方、特殊高所技術および類似した高所作業技術が安全管理面において不適切な状態で普及することは、労働災害の多発等の社会的な不利益につながりかねません。特殊高所技術を安全かつ効果的に運用する方法を正しく社会に普及してゆくことで、日本の高所作業の安全性と可能性を向上してゆくことが今求められていると考えています。

協会の活動内容
  • 特殊高所技術の普及を目的とした資格認証制度と講習会の実施
  • より安全、より高度な高所作業を可能にするための技術研究
  • 各産業分野における新たな適用分野・運用手法の開拓
  • 有資格者間の技術と情報の交流
TKGS: 特殊高所技術協会